人との関わりあいの中で生きていくことを実践しています。

 私Nobuは、人の集まり場を作る活動を生業にしています。人の集まり場として、催しの企画、市政理解の広報、勉強会を行っています。また、不定期で、海外生活の講演、お寿司の作り方講座、英語の勉強方法を伝える講座を開いたり、知り合った方からの仕事の手伝いを受けています。

 活動に理解を頂ける方からの寄付を収入として、私の活動費/生活費に充てています。活動に必要な物、身の回りの物などは、周りの方に代替購入を頂いて支えられて生きています。お金や物を提供頂くだけでなく、私と関わる方から「活動してくれてありがとう」と、気持ちを伝えて頂けることが、活動を続ける力になっています。

 コロナを通してたくさんの方と知り合いました。2019年のコロナ前まであった「人と出会える機会」を作るため、催しの企画・準備を毎日行っています。コロナ前よりもより良い日常、人が関わりあえる場をみんなで一緒に作っていくことに共感し、私の活動の支援をして頂ける方が増えれば嬉しいです。残したいもの、やりたいことがたくさんあります。楽しめる場をみんなで一緒に作りましょう。

What I Do

海外に長年住んでいた

市政に関わろうと伝えている

有名人が自分の作った寿司を食べた

眼力がすごい

Past Experiences

海外生活の話
(2011 – 2019)
 10年間で6か所の場所に住み、旅行した国は60ヵ国になります。毎日が非常識、非日常。文化の違いから怒ることがたくさんありましたが、全部笑い話に変わり、知らない場所で暮らすことが大好きになりました。今行きたい場所は、南アメリカとアフリカ。海外体験の話に興味がある方、お話会を開きます。

市政を気にする話
(2020 – 2022)
 2020年、2021年の2年間、市役所の会議という会議を傍聴しつくしました。市民が市政に関われば暮らしやすい街づくりが行われます。=生活出費が減らせる暮らしが実現します。コロナ対策にNoといえます。=コロナも終わります。市民みんなが市政に関わることの大切さについて、一市民の立場で広報を行っています。市政を理解する勉強会を開きます。

コロナ活動の話
(2020 – 2022)
 2020年8月、世間に「コロナに疑問を持っている人がいる」ということを伝えるため、関西圏で一番最初に実名を出して意思表示を行いました。「京都でコロナに疑問を持つ人を探す会(通称、京都探す会)」として活動を続けており、その後、さまざまな形で活動を発展させています。詳しくは「私のコロナ活動」ページへ。